2006年11月29日

ジェットクロスオーバーフュージョンライフストリーム以下略

遠い地平線が消えて
~中略~
みなさまの夜間飛行のお供をいたしますパイロットは
私、城達也です
(BGM・・・「ミスターロンリー」)

ジェットストリームラジオ音源版YouTube

月曜に朝刊折込広告が入って、TVCMもバンバン流している懐かしのFMラジオ番組「ジェットストリーム」のCDBOXですが、コレ確か前にもあったよね。未だにヤフオクにいっぱい出てるし、近くのホームセンターでは、演歌やクラシックやポップスのその他BOXモノと一緒に980円均一バラ売りワゴンセールをされています。ず~っと。

何でまた今頃になって、かくも大々的に宣伝して新たにBOXを出すのかしらん?音楽もCDからipodでダウンロードに移行しているから、売れるうちに売っちゃおうって魂胆か?イージーリスニングとか、軽音楽ってのもあんまり耳にしなくなった昨今ですが(ポール・モーリアもお亡くなりになったことだし)、まだまだ中年相手にそれなりにセールが見込める分野と思われますから。(ガンダムが出ると、その映像ソフトは末期ってのと同様の動きか?)

クロスオーバー・イレブン※注1のCDも出ているのだから、この際「サウンド・ストリート」でやってた「坂本教授の電気的音楽講座」とか「ヤング・ジョッキー」でリスナー投票で決めてたハードロックベスト20、プログレッシヴロックベスト20も出して欲しいな~。せっかくエアチェックしたカセットテープも、さすがに伸び伸びでねえ。



で、「ジェットストリーム」ですが、オバサンこの番組を聴くと、夜毎徹夜で課題に向かっていた学生時代を思い出して、懐かしいというより、提出期限間に合うか~!?という焦る気分が蘇ってどうも・・・。

いや、「ジェットストリーム」の時間はまだいい。FMラジオも終了間際で渋いジャズなんかで寂しいから、AMの「オールナイトニッポン」にして、その2部も終わって、「いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~ 」(日野自動車の「深夜の国道をひた走る、走れ歌謡曲」の場合も有り。テーマ曲は口笛天国だったな)になると、もう焦りも疲れもピーク!!!

オールナイトニッポンテーマ曲
Herb Alpert & The Tijuana Brass「Bitter Sweet Samba」


鶴光のサンデースペシャル!!(オールナイトニッポンCMフィラー)


原曲 Hot Butter「Percolator」


「歌うヘッドライト」オープニング曲


「歌うヘッドライト」のいすゞCM曲
Bob James 「Rush Hour」



「走れ歌謡曲」のテーマ曲(口笛天国)
Whistling Jack Smith 「I Was Kaiser Bill's Batman」



何でこんな時間まで起きて、あたしゃポスカラまみれでB2作品を仕上げにゃならんの?(J( 'ー`)しは美大生ですたw)と情けなくなり、時刻は進んでAMラジオ番組も次々とサヨナラ、明け方一人で「聖書の時間」だのNHKの試験放送(電波発信テスト)※注2だの、「室戸岬、南南西、風力3・・・」と淡々とアナウンサーが読み上げる不気味な「気象通報」を聴く頃には厭世観も通り過ぎ、「ラジオ体操」を耳に透明な無力感に浸りました。

あれから時は流れ、ストリームって聞くと、アタマに浮かぶのは城達也のジェットストリームより、「マッシュ!」「オルテガ!」のジェットストリームアタックとなり、FFVIIのライフストリームとなり、そしてロックマンエグゼストリームになりました。

が、今でも時々、女子寮や下宿アパートで深夜ラジオを聴きながら、焦って平面作品仕上げてる夢を見ます。あ~、ヤダヤダ。

ま、それはさておき、帰宅したパパと広告を見つつ「城達也・・・っていうと」「やっぱ、タイム・トラベラーのオープニングだよね~!」と意気投合!ケン・ソゴルの木下清がイイ!とクラスの女子が騒いでいたの、島田純子は浅野真弓と改名して後年脱いだだの、「江戸の旋風」のテーマ曲は、「夕映え作戦」ソックリってゆうかそのまんま(作曲者同じ)だっただのと、NHK少年ドラマや深夜ラジオ番組周辺のしょうもない話で盛り上がりました。なんでマスターテープ消したんだよNHK!(怒)

NHK少年ドラマ「続・タイムトラベラー」OP
 

これ聴いたら「インド人のラジオ」という言葉が頭に浮かんだw


※注1・・・せっかくだから、「ジェットストリーム」のそれとセットで覚えている「クロスオーバーイレブン」のオープニング、エンディングをどうぞ。

街も深い眠りに入り
今日もまた一日が終わろうとしています
昼の明かりも闇に消え
夜の息遣いだけが聞こえてくるようです
それぞれの想いをのせて過ぎていく
このひととき
今日一日のエピローグ
クロスオーバー・イレブン

Azymuth 「Fly Over The Horizon」



もうすぐ
時計の針は12時を回ろうとしています
今日と明日が出会う時
クロスオーバーイレブン

Azymuth 「Octover」



「クロスオーバーイレブン」は選曲的にはフュージョンより、かなりAOR寄りだったなあ。自分は富山敬ナレーションの時が一番印象が強いです。古代進がボソボソ喋ってるって感じだったけど。でもソレを言ったら「ジェットストリーム」は、デスラー総統(伊武雅刀)が、皆様の夜間飛行のお供をするパイロットになったが・・・。

※注2・・・単なる信号音だけではなく、何故か祭囃子の音までテスト発信していた。流星のロックマンの五陽田警部が来そうな怪電波!

2014.5.9追記
懐かしFMラジオネタを一気にまとめました!
【エアチェック】FMラジオ番組のテーマ曲を色々貼って熱く語れ【オーディオ】


  


Posted by いたのり at 12:42Comments(7)

2006年11月06日

オタク一家、ロボットミュージアムin名古屋へ 2

前回(ショップ、ミュージアム1階展示編)の続き・・・

2階は暗くて狭い通路に、まず有史以前(ロボットという言葉の誕生以前)のロボットについての展示が続きます。ゴーレムとか茶運び人形にオートマタ・・・基本です。が、暗いなホントに。

「こわい~!!!」と泣き叫ぶ小さい子供を抱っこしたお父さんが、足早に通って行きました。せっかくの入場料がパーですね。

音声ガイドが展示物の前で自動的に聞こえるわけじゃないから、いちいちi-podの操作をするのがめんどくさい。で、操作の為に立ち止まって通行の邪魔になる。もしくはうっかりガイドを聞きそびれて、来た道を戻って改めて聞きつつ展示品を見ることになったり。



通路を抜けるとメインの展示室です。

ロボット紀元前 (有史以前~20世紀初頭。通路部分。ロボットのルーツ、機械人間の想像まで)

ロボット革命 (1900~1940年代。「ロボット」の名称誕生とブーム)

ロボット成長期 (1940~1960年代。大戦後の本格ロボット開発と、映画、漫画といったエンターテイメント分野への登場)

ロボット飛躍期 (1960~1980年代。産業用ロボットの発達、巨大ロボットアニメ人気、二足歩行ロボの研究)

ロボット共生期 (1990年代~現代。現実化した二足歩行ロボット、人間のパートナーとしての研究と可能性)

・・・という順序で展示がされています。

古典SFでお馴染みのメトロポリスのマリアが薄暗い中にド~ンとあったりして、小さな子には怖そうです。さっきの子、ムシを起こさなきゃいいけど・・・と、お母さんは心配です。

(時代は前後するが、オレ的には是非この隣に同じく等身大のアーマロイド・レディーを飾って欲しい。)


チャペックやアシモフ、アメリカのパルプ雑誌の表紙(やっぱジェイムスン教授よね!)と、SFファンに嬉しい展示が続きます。

1960年代以降の展示品はもう、日本人のロボット好きが良くわかるっていうか、マンガやアニメのロボットてんこもりでオタク魂全開!大阪万博フジパンロボット館のロボットも懐かしい~。子供そっちのけで、お父さんお母さん二人で盛り上がります。(となると月光機は・・・さすがに無いか。)

ただ、草薙素子もマジンガーZも一緒くたでして、サイボーグとロボットの線引きは曖昧なようです。サイボーグ009に変身サイボーグ1号もあったしね。年代分けだけじゃなくて、設計思想による分類と進化図を合わせて掲示したらもっと興味深く鑑賞できると思います。


ガンダム通史では、ほぼ無視されるのが常の機動武闘伝Gガンダムですが、ちゃんとフィギュアが展示されていて、しかもノーベル・ガンダム※注1!!!展示品を選んだ人の趣味を母と子は讃えました。

やるぜ!ロボットミュージアム!

マルチちぃも並んでいたから、同一人物によるチョイスと思われる。「ゼノサーガ」のKOS-MOSはお好みではないらしい。)

が、メダロット初代ロックマンがカケラも無~い!

ZOIDSも場内モニターでトミーの当時のCMを放映しているにもかかわらず(下のショップで販売もしているのに)現物が無い。ZOIDS大好きな子供が嘆く嘆く。

ダメじゃん!ロボットミュージアム!




あとゲームにおけるロボットで、バーチャロン、アーマードコアや、ヴァンツァーはあるのに、何故無い?鉄騎!!!
あのVT(バーチカルタンク)のゲーム機のコントローラーとは最早言えない操縦機、いや操縦席こそここに相応しいのに~。

バンダイやタカラトミーに負けるな!カプコン!やはり知名度がいまひとつだから?それとも狭いから展示物を絞りに絞った結果かなあ。

(思ったより狭かったです。2階全部ミュージアムかと思いきや、3分の1が服部家具のインテリアショップでした。1階はミュージアム部分は少しで、あとはショップとファミレス。)

でも、ハインラインの「宇宙の戦士」に言及してくれるなら、横山宏SF3Dシリーズを1体ぐらい置いて欲しかったです。アレなら狭くてもそんなに場所取らないし。ちょっとそこのホンダASIMO、も少し詰めて場所を開けてくれ。


クラフトワークの「マン・マシーン(人間解体)」のレコードジャケット、「ニューロマンサー」の文庫本、フチコマにガンプラ、万博グッズ、レトロ玩具、古い少年雑誌となんか見覚えがある品も多く、「ウチにあるもんばっかり!」※注2と子供がエライ失礼なことを申しておりました。ま、確かに。

ライブラリー(まだあまり書籍類は揃っていない)、愛知万博にもいたワカマルとかの大型ロボや、AIBOやパロ(癒しアザラシロボ)やファービィー(コイツもペットロボットだったな。何年か前にトミーの株主優待で貰ったぞ)とのふれあいコーナーでおしまい。あ~面白かった。


・・・はっ!今、気がついたが、キカイダーが無かった!!!

(帰宅後、一家で懸命に思い出したが展示品に見当たらなかった!それともテレビマガジンの脇あたりにひっそり置いてあったのか?メジャー中のメジャー。名作中の名作なのに。)




とまあ、大ウケ&ツッコミ所満載のロボットミュージアムin名古屋。

オタク一家にとっては、入場料の元をきっちり取ってお釣りが来た感じです。でも、やっぱり普通の人にはお高い気がする。展示品入れ替えが無かったら、ウチももう入らないと思う。スコープドッグの1/1操縦席を作って置いてくれるなら必ず行くが。

また、ロボットの歴史的資料が網羅されていながら、公式図録というものが無かったことも残念です。



お土産※注3を買って、お隣のファミレス※注4で一休み。
さあ、次はだらけととらあな※注5だぜ!



※注1・・・セーラーガンダムの通称でもわかるようにガンダムにあるまじきステキデザイン。ファースト派の父には耐えられないらしいが、母と子は大好きだぜGガン!

※注2・・・本宅のロックマンエグゼをダシに懐かしモノを熱く語るコーナー(コンテンツ)にて紹介。ニューロマンサーや、マッハ号も載ってるよん。クラフトワークに関しては「電脳音楽への誘い」へどうぞ。
    
※注3・・・チョコやクッキーでは、近くのポケモンセンター名古屋のオミヤゲと変わりが無いから、ここは蒸しきんつばを購入。どーってことない普通のきんつば。もちろん産業用ロボットが作っているのだろう。



※注4・・・前はロイヤルホストが有った所なんで、系列の飲食店かと聞いてみたら全く違うとのこと。鉄板焼きハンバーグや、スパゲティーナポリタン(名古屋らしい鉄板盛り卵流しタイプ)がラウ・・・じゃないル・クルーゼの平鍋で供されるのが、ロボットミュージアム風なのかどうかは不明。お料理もケーキも美味でした。

ちなみにファミレスというのは店名で、どうせならガスト・ファレミスにして欲しかった。(FFVIIもけっこうロボットやメカが出るから。動力源魔晄っぽいけど。)

※注5・・・まんだらけとらのあな。2店ともロボットミュージアムの近く。後日、だらけは大須に移転。


追記
ロボットミュージアムは2007年9月をもって休館(閉館)となりました。
当初の計画より集客数が伸び悩んだのが要因とのことです。

  


Posted by いたのり at 01:00Comments(0)

2006年11月05日

オタク一家、ロボットミュージアムin名古屋へ 1

行ってきました~!
ロボットミュージアム!



いや~、ホンットに栄のど真ん中ですわ。
三越の真向かい、広小路と久屋大通りの交わる角、地下鉄栄9番出口横です。好景気な愛知県内で名駅前に次いで土地の路線価格がお高い所だ!(一本テレビ塔側の錦通りに似たようなガラス張りの建物がありますが、それはルイ・ヴィトンですのでお間違え無く。地元民にはジェトロとロイヤルホストがあったトコだと言えば早いかと。)



3連休週末ということもあって、地下街なんか結構な人出でしたが、ミュージアムは意外に空いていてゆっくりと見て回れました。(まだあまり知られていないから?あと、入場料が大人1300円てのも愛知県人にはちょっと向かないのかもしれない。入場料のいらないショップは親子連れで大賑わいでしたから。)


とりあえずウチもまずは、カネのかからないショップ「ロボット未来デパートメント」でひと遊び。

実際に手に取って遊べる品が多くて実に楽しいです。北原照久監修のブリキのロボット復刻版から、二足歩行ロボ、ガンダムを始めとする新旧アニメのプラモ、LEGOブロック等の玩具、スターウォーズ関連、この辺りだとヴィレッジ・ヴァンガードや、東急ハンズでしか置いていないような明和電機グッズや、雑貨類等なかなかのセレクトです。

店内の一角では二足歩行ロボ始め、ちょっと高価なロボット類を実際に操縦できて、大人も子供も大喜びでした。また「ロボットショー」として時間毎にスタッフが説明して見せてくれてこちらも大盛況。




では、「ロボットカルチャーミュージアム ロボシンク」に入ってみましょう。

一階の企画展コーナーでは、ニュースにも出ていたお絵描きロボが、来場者のシルエットを描いています。ポーズをとったモデルをカメラで記憶。さて・・・ホワイトボードの前で・・・考えこんでる~!!!お、描き出した。上手い。が、前描いたとこに重ねて描くなよ!他に余白いっぱいあるじゃん!

紙に描くようにして、描き終ったら次の紙をめくってくれる助手ロボットが必要だなコイツには。むろん1機で全部賄えるようにすれば、演芸の針すなおみたいになってヨイだろう。

公式ホームページでは作動音がモーツァルトのアイネクライネナハトムジークの節になっているコが紹介されていますが、もっと進化して水森亜土みたいに歌って描けば尚よろしい。精進しなさい。




音声ガイド装置を銘々貸して貰って2階展示室へ。
音声ガイドがi-podってのはイカしてます。でも取り扱い説明に手間取ります。毎回入場者に同じコトを説明するお姉ちゃんも大変そう。

入り口の切符販売とか、こういう反復作業こそロボットの出番なのにね。もしくはネットナビみたいにミュージアムのキャラクターがモニターに登場して説明してくれるってのは、現段階ではかなり可能だと思うけど。

(子供も「ルートさん※注みたいな案内役がいればいいのに。」と言っていた。)

あとi-podは年配者にはどうかな・・・と。
ちと扱いが難しいのでは?京都の時雨殿みたいにDSを利用した方が親切だと思いました。

つづく


※注・・・TVアニメ「ロックマンエグゼSTREAM」第27話参照


追記
ロボットミュージアムは2007年9月をもって休館(閉館)となりました。
当初の計画より集客数が伸び悩んだのが要因とのことです。

  


Posted by いたのり at 20:05Comments(0)

2006年11月03日

恐怖のバブルウォッシュ

あなたの~ハ~トにインスト~ル~
・・・うぐっ、ぐぐぐぐぐっ・・・


と、親子で歌い痛がり(?)つつ、故障して修理に出されてHDDをバッチリ交換されたパソコンに、せっせとソフトのインストールをしております。

エグゼのゲーム中では、ちょっと痛いかもしれないどころか、かなり痛そうなインストールですが、やっぱ注射みたいなモンでしょうか?



病気、手術で採血だの点滴だの散々された過去のある子供は、「データ容量が大きいほどぶっとくてイタイ!」と断言しています。具体的に言うと鷹岬マンガで、メディがやってたアレだそうな。

・・・ケツに打つのかよ・・・。

ホームページビルダーとか、ペインターなんか太くてイタそうだな。ゴメンよ。ガマンしてくれ。ロック・・・じゃないFMV。こっちもイタイんだよ。カプコン株が上がって、流星3バージョン+Wiiが買える!と喜んでいたが、治療費(修理代)で足が出た。(泣)


パソコンを持ってきてくれた電気店の馴染みのお兄ちゃんと
「例のソニーの乾電池のせいじゃないよね。アレはノートパソコンだし。」
などと話していたら、
「パソコンは対象商品じゃないけど、食器洗い機が水漏れするって買い換えていなかったら、ズバリ欠陥品だったよ!」
と、メッチャ怖いことが発覚!

度々台所を水浸しにしてくれてバブルウォッシュと呼ばれていた先代の食洗機※注だったが、この上欠陥商品で発火なんかしてたらエライ事ですがな。良かった!買い換えといて。

「こういうのを災い転じて福となすとか、人間万事塞翁が馬って言うんだよ。」
と、子供がロックマンよろしく解説してくれました。
はいはい。(最近立場が逆になってきている。)



※注・・・松下電器は卓上型食器洗い乾燥機NP-40SX1、NP-40SX2の2機種と、東京、大阪ガス向けに製造した同タイプのものが発火の危険性があると発表した。発火事故は4件報告。無償部品交換すると呼びかけている。

以前バンダイのプラグインPETで調べ(?)たらバドラフトが出てきて、子供がバトルしつつ「何で食器洗いに炎系なんじゃ!?」と言っていたが、つまりこーゆーことだったのね。


  


Posted by いたのり at 15:40Comments(0)