2007年08月30日

beatmaniaIIDX premiumLIVE!!!

TAKAと!Sota Fujimoriと!L.E.D.と握手できた!!!」
「『一番、Ryu☆行きま~す!あ、あれ?(音が出ない)』が笑っちゃったね。」
「関東はAKIRA YAMAOKAが来たそうだけど、こっちはRemo-conだ~!」
kors kって若い!」
DJ Yoshitakaの『…と、見せかけて~、ツーディーエーックスゴォォォルドっ!』ノリノリだったよ。」
ダイスケ、踊りかっけー!」
「休憩時間中にスクリーンに映ったシグたん可愛い。」
「DJブースの脇でDVDカメラを構えていたのは、HES本人だったんだ~。」

・・・何の話で盛り上がっているかと言えば、

beatnation summit
beatmaniaIIDX premiumLIVE




今夏最大のイベント・・・幕張メッセの流星のロックマンウェーブマスターズ2007決勝大会を期待された方、スミマセン。

コナミの音ゲー「beatmaniaIIDX」の超限定ライブペア入場券を子供が当てました。
未成年ってことで付き添いの保護者の出番です。もっとも、「当てて~!できれば関東より小規模で観客との距離が近くてノリも良いはずの関西会場の方!!!新幹線代をグッズに回せるし~!当てて~、当てて~、当ててぇ~ん!・・・アテロ、キシャー!(←獣化)」と、騒いでいたのはわし。



思い起こせば10年近く前、5鍵の初代家庭用専用コントローラーを購入して、チビとフリースクラッチなんかして大喜びで遊んでいました。(Dance Dance Revolutionもやった)
その後、音ゲーからは離れていたのですが、子供がアーケードで始め、CS版を買って家でプレイするのを脇で聴きながら、「イイじゃん!コレ!」と音楽熱が再燃しました。(プレイはしませんが)



場所が梅田だから何か美味しいものを食べようとか、大阪のロックマン友達に会えるね!と色々計画を立てていたのですが、先に催された関東公演の開場までのタイムスケジュールを知って全部吹っ飛びました。朝早くから整理券を取る為に並び、物販販売で並び、入場前に並び、ひたすら並びまくり。



開演してからは、立ちっぱなしどころかタテノリぶっ通し!

ゲーム音楽のイベントは以前「FFコンサート(TOUR de JAPON music from FINAL FANTASY)」に行きましたが、クラブイベントは子供は初めて。耳がおかしくなるほどの爆音ライブなんて、母も独身時代以来ですが、そこはディスコ世代※注、きっちり若い衆と一緒にシャウトしまくりました。前日までタイミングをハズさないように、「三倍アイスクリーム」「めきめきまーに」なんて空耳歌詞ではなくきちんと「Samebody scream」「Make it! Make money!」と叫ぶようにと、子供の薫陶の元に特訓した甲斐があったわ。



そんな訳で冒頭のような会話をしつつ極限状態になって帰宅。その後HP全回復に一週間以上要しましたが(トシだわ…)、本当に素晴らしい夏の思い出ができました。



これも、君が学業の傍らに頑張ってゲーセンに通って、お小遣いをツッコんでプレイして、ひたすらポイントを貯めて当ててくれたおかげだ。ありがとう。
でもって、次に定期健診で帰宅する際は、今日発売のbeatmaniaIIDX 13 DistorteD特別版コンプリートセット同梱の「beatmaniaIIDX visual emotions 6」を忘れずに持ってくるよーに!(母からの業務連絡)



※注・・・学生時代は映画「サタデーナイトフィーバー」(炎山ラウルのブラザーコンビの元ネタ)が大ヒットして、ディスコブームだった。

その後、バブルの頃に当時住んでいたアパートの近くに、こともあろうにマハラジャができて、田んぼが見えるマハラジャとして全国的にお笑いの種になった。しかもこ~んな田舎でもきっちり入り口で服装チェックをしていて、今思い出しても痛すぎる。

beatmaniaはいつの間にやら鍵盤が2個増えて、しかもキャラクター(夏天だの慧靂だの読めねえ~)が色々できていて、「ビーマニのキャラったらDJコナミでしょ?」とアルカディアを読みながらボヤくオバサンである。
  


Posted by いたのり at 19:53Comments(2)

2007年08月25日

来たぜ!コロコロコミック30周年展

壁一面の単行本に常設展示、その他特別展を見て、いよいよ2階メインギャラリーのコロコロコミック30周年展に!



入り口と会場の作りでわかりますが、ここは小学校の元体育館・・・と言うより講堂。そんな校長先生が訓話をしていた(元)教育の聖域で、先生やPTAのお母様方の眉をひそめさせたどころか、露骨に嫌われまくった「ともだちんこ~!」なんて下ネタ満載の漫画掲載誌の展覧会が催されるのですから、ホンットに世の中ってオモシロイ。



会場中央にコロコロおみこしと称する30年分の表紙で作られた大きなオブジェが置かれ、その周りを取り巻くように各年代別の代表作品、作家のサイン色紙、玩具、ゲーム等の関連商品が展示してあります。



スタンプラリー(200円)台紙。年表が涙ものだがグランダー武蔵が無~い!
拡大して見る

創刊当時は既に高校生だったオバサンなんで、ドラえもんぐらいしか知りませんでしたが、その後の「ゲームセンターあらし」を始めとするヒット作は単行本で読んでいました。う~ん、懐かしい。でも、やはり思い入れが一番あるのは子供と一緒に買って読んだ90年代半ば以降かな。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!」・・・ミニ四駆
ポケットモンスター」・・・ゲーム、カード他
超速スピナー」・・・ハイパーヨーヨー
B-伝説!バトルビーダマン」・・・ビーダマン
デュエル・マスターズ」・・・デュエマカード
爆転シュート ベイブレード」・・・ベイブレード
etc.etc・・・

今思えばお子様ホビー黄金期。子供にとっては実に良い時代…保護者にとっては「遊ぶのに初期費用がかかる」「部屋が散らかる」時代だったな。最近じゃ商品化と言えば、どれもDSのゲームソフトが主流になっているようで、玩具系はいくらおはスタで紹介してもイマイチ売れないトレジャーガウストがせいぜいか・・・。



デュエマに「コロッケ!」といった人気作品の原画にサイン色紙(内山まもるの「ザ・ウルトラマン」もあったよん)とマンガファンとして嬉しい展示品が多かったですが、コロコロ30年間の歴史=各年代の代表作の紹介に終始していて、デパート催事なら関連商品も売れてかなりポイント高いですが、博物館の展覧会として見ると幾分物足りなかったです。場所柄もう少し子供文化史と、情報流行の発信源としての研究考察があるべきかと。特に「遊び」を「ホビー」と言い換えた功罪は大きく、子供の遊びの歴史に一石を投じたと思われますから。

そういう点では、マンガ、ゲーム、玩具、アニメというメディアミックスの成功例とともに、おはスタ次世代ホビーフェアが語られてしかるべきですが、思いっきりスルー。 この10年間、大いに売り上げに貢献しているやまちゃん山寺宏一)の写真とサイン色紙ぐらい置いてや。



斥候隊による「ツッコミどころ大杉」の報告に納得しつつ見て廻りましたが、一家を挙げて最もツッコミたいのは、

ZOIDSの展示が無かったこと!!!

ブレードライガーシールドライガーも、もちろんジェノザウラーもなーい!名古屋のロボットミュージアムでもZOIDSはスルーされていたが、黒歴史にされるような何かがあるのかゾイドよ?上山道郎のマンガ「機獣新世紀ZOIDS」、好きだったけどラストがちょっとまあアレで、でもアニメは良かったなあ~。以前から出していたものの定着しなかったトミー(現タカラトミー)のオリジナル商品が、これで一気にメジャーになったんだから無視しないで。親子で怒りの荷電粒子砲でした。



ロックマンは・・・エグゼからはボンボンからコロコロ独占みたいになっちゃっていますが、その肝心のコーナーはゲームパッケージとホビー特集見開きの小パネル。PET、いや、せめてバトルチップの一枚ぐらい置いて欲しかった・・・orz。

色紙は鷹岬諒でも無く、流星の板垣雅也の手によるものでも無いレジェンドマスター・シンの絵とサイン。「カプコンの人が描いたんじゃないの?小牧さんとか~。」と子供が言っていましたが、この可愛い絵柄はそうかも。「流星のロックマン2」って描いてあるし、会場の片隅にさりげにロクマガ(ゼクスアドベント特集号)が置いてあったし、カプコンから販促の人が持って来たのかも。

別コロが無い、付録も無いと他にも不満はあれど、「ストII爆笑!!4コマギャグ外伝」のスーパーダルシムが面白かったとか、むさしのあつしの「スーパーボンバーマン」の妙に劇画調なサラリーボンが好きだっただの、家族で楽しい会話が弾みました。



下のショップで、ミニ四駆をオミヤゲに買いました。子供が「久しぶりに作りたくなった。」そうで、2代目マックスブレイカーシャドウブレイカー豪樹と烈矢のMAXの方を喜んで見ていたからなあ。ボルゾイレーシングチームなんて、お子様ホビーで世界征服ってノリはやっぱイイ!コロコロ付録のミニ四デコシールがまだ取ってあったはずだから、帰ったら探そっと。

次は是非ここでコミックボンボン展を・・・無理か・・・。
  


Posted by いたのり at 14:10Comments(0)

2007年08月24日

来たぜ!京都国際マンガミュージアム

隣接のカフェでの腹ごしらえも済ませ、京都国際マンガミュージアム(愛称・えむえむ)に入館。

大人500円、中高生300円、小学生未満100円
コロコロ展入場料を含みます。(特にイベントの無い時はもっと安いんじゃなかったかな。)一日のうちなら何回でも再入場可。

「館内の展示物・書籍に関して、写真撮影・ビデオ撮影は、著作権保護のためご遠慮ください。」なもんで、当たり障り無さげなとこ(風景や建物の一部)のみ撮影。

京都国際マンガミュージアムHP



一階は受付にショップ、ワークショップ(自分でマンガ作品を描いたり、精華大学の生徒が似顔絵を描いてくれたり)、映像ホール、子供図書館、地下はマンガの歴史展示に収蔵庫、2階はメインギャラリー、3階は研究室、でもって1~3階にはマンガの壁と称する壁一面の書架。けっこう広いです。



これもハコモノ行政の賜物かと思ったら、ここは少子化空洞化で統廃合されて使われなくなった小学校を利用した建物※注1なんだそうで、なるほどそこかしこに歴史ある小学校の片鱗が見受けられて、オタクばりばりの人間から見ると食い足りないマンガ収蔵※注2よりも、レトロな学校建築の方が見て面白かったです。





マンガの壁からは自由に本を取り出して読むことができますが、一日中マンガを読んでゴロゴロできるような作りでは無い上(子供図書館はできるが小学生以下と保護者のみ対象)、椅子も机も少なくて多くの子供たちが床に座りこんで読んでいる有様は、書店のマナーの悪い客みたいで見ていてあんまり良いものではありません。外の人工芝は広くて利用可だけど、今の季節は間違い無く熱中症で倒れます。



せっかくだから、小学校の下駄箱をそのまま使って靴を脱いで入館にして、マンガの壁の辺りは畳廊下にでもしておけば書籍の痛みや汚れも少なく、外国の人はマンガという独自の日本文化とともに、「靴を脱いで上がる」特異な文化を観光地の神社仏閣や料亭以外でも体験できるのではないかしらんと、余計なお世話なことを考えました。

単行本は作家名の「あいうえお順」に並んでいますが、作品数が多い有名どころは書店のように作家カードを置けば、場所もわかりやすく読後元の場所に戻しやすいかと思いました。年少者には作家別じゃなくて、てんとう虫コミックスボンボンコミックスと掲載誌毎のコーナーでまとめた方がわかりやすいかも。子供は「ブックオフの方が探しやす~い。」とブツブツ言っていました。(コミカライズものは「ウルトラマンシリーズ」「ロックマンシリーズ」と括るのも一考かと。)

この辺、研究の一環として初心者でもわかりやすいマンガの分類と展示方法を、進化系統図と合わせて是非確立して欲しいものです。



マンガの壁収蔵品は、作家名やタイトルから検索機で探すことができましたが、いみじくもミュージアムで、研究員と名乗る人がいるなら脇役の名や、だいたいのあらすじ、台詞から即座に「この作品ですね!」と探し出してくれるシステムや、人材が欲しいところ。

「昔読んで、もう一度読みたいけど作家も作品名もわからない。教えてください。」という書き込みを良くネット掲示板で見かけますし、実際に作品を探すことをを目的としたサイトもあるぐらいですから、潜在需要はかなりあると思います。赤木かん子さんの「本の探偵」ならぬ「マンガの探偵」です。



ネットでも収蔵品の検索ができますが、壁の方に置いてある本はネット検索対象外で、何をもってして開架と閉架(収蔵庫)に分かれるのか明確では無い為、実際に行かないと有るのか無いのか、読めるのか読めないのかわからないのが難。ちなみに収蔵庫のものは閲覧不可だそうな。(閲覧利用の開始日を現在調整中とか。)

そんなワケで目下のところは、古い雑誌やプレミアの付いた作品に関しては、まんだらけ等の専門店で「探している作品やグラビアが載っているか解らないので、中身を確認させてください。」と店員に頼んで、ショーケースや袋から出して見せてもらう方が簡単です。

つづく



※注1・・・明治2年開校の龍池小学校。同じく明治2年開校の明倫小学校の戦前に建てられた校舎を再利用した京都芸術センター(マンガミュージアムのわりと近く)の方が、玄関脇に二宮金次郎の石像があったりして更にレトロな学校っぽさが漂う。オススメ!

※注2・・・2~3年前に廃業した貸し本屋から寄贈された本中心とか。そのせいか所謂オタク向け(メディアワークスや角川エース系等)の本はほとんど無い。メジャーな長編作品でもシリーズ既刊が全部揃っていなかったりして、量的にはかなりの物だが内容的にはちょっと。

追記
「地球(テラ)へ・・・展』」、仕事場の再現やアニメ上映と色々楽しめました。掲載誌の古いマンガ少年が並んでいましたが、やっぱ風忍の「ガバメントを持った少年」が印象深いな~


  


Posted by いたのり at 22:39Comments(0)

2007年08月24日

オタク一家上洛す

おやかたさまぁぁぁぁぁぁぁぁ、
ごじょうらくなりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!

(声・保志総一朗

とりあえず京都駅に着いたらコレですわ。

名古屋までの名鉄特急はポケモン列車。ラッキー!


続いて駅ビルを見上げて、
ガメライリスにぶっ壊されたが、よくここまで復興できたな~。※注1
と感心するのが、オタク一家のお約束でございます。



京都は暑いと言われますが、名古屋の方が体感温度が暑かったなあ。街に緑と影が多くて見た目に涼しそうです。

しか~し!ここんち一家はそんな古都の涼や風情を求めて来たのでは無い!目指すは、熱い、この上無く熱いバトルが誌上に炸裂するコロコロコミック創刊30年展なンだッッ(劇村塾風表記)


とゆーコトでやって来ました。烏丸通りに面した京都国際マンガミュージアム。朝ゴハン抜きで家を出て来たから、まずは入り口にあるカフェで軽く腹ごしらえを。

拡大して見てね!
拡大する

拡大する

このカフェの壁には、ミュージアムを訪れた漫画家のサインと絵が描かれていると聞いていたのですが、なるほど、ちばてつや富野監督安彦良和大河原邦男に・・・

拡大する

拡大する

ムラッセ(村瀬範行)が碧南から来たんか~!?超メジャー級に負けじとカラーペンも使って気合の入ったケシカスくんとカス息子さん達が、バッチリ目を引きつけます。

隣の席に座った家族連れの小学生の男の子は、ガンダムなんかてんで目じゃなくて「ケシカスくんだ~!!!」とハシャいでいました。だよな~。ファーストに、オリジンに思い入れがあって、この「あしたのジョー」を含めたサイン群を喜んでいるのはオサーン世代。かく言う自分もファーストをオンタイムで見ていたが、その後子供と一緒に見た「機動武闘伝Gガンダム」や「SDガンダムフォース」の方が、2~3回見そびれてもストーリーが解るし、登場人物も滅多に死なないから好き。

ともあれ壁面のこの一角は、今後もガンダムシリーズで埋めてもらいたいものです。トニーたけざき描くギレン・ザビと「ガンプラ甲子園」の帯ひろ志希望!

子供は、
SDガンダムフルカラー劇場の作者※注2も入れて!」
母子揃ってガンダムマイナー派。

拡大する

拡大する

反対側の壁からは、ゴルゴ13が睨んでいました。目だけってところが、
さいとうたかおはやっぱ最後にゴルゴの顔を描くだけなんだな~。さいとうプロの分業制がバッチリ見えた!」
と、パパが変な感心の仕方をしていました。
ルパン三世は以前、名古屋パルコの「ルパン三世展」を見に行ってモンキーパンチ本人と原画を見たもんね。できれば隣に大塚康生描くAプロ風ルパンとサインが欲しいなあ。

「地球(テラ)へ・・・」展も開催中だから竹宮恵子も御来店したのね。

拡大する

コロコロ展の催しのひとつとして「ラジコンボーイ」の大林かおるの講演会があったそうです。「おぼっちゃまくん」や「ゲームセンターあらし」は無いのか!?いや、それより「ロックマンエグゼ」は!?鷹岬諒先生は来ないの~!?

とまあ、要するに「来店した有名人のサイン色紙が壁面を飾る店」のオシャレ版でして、入館前から早くもマンガの話題で盛り上がる一家でした。サンドイッチもイケました。

つづく



※注1・・・「平成ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」。あの後、京都はギャオスの大群に壊滅的被害を・・・。

※注2・・・あずま勇輝作、コミックボンボン連載。
  


Posted by いたのり at 09:43Comments(0)

2007年08月12日

テレビゲームのひみつのひみつ

夏休み中盤!
と言っても、昔と違ってアニメの再放送※注1もあんまり無いし、「涼しい朝のうちに勉強をしましょう。」って学校がプリントくれても、地球温暖化で日本の気候も亜熱帯化してきて、朝からいきなり暑くてやる気ねー。

流星のロックマン2はどうやら2バージョン発売らしいですが、ベルセルク×シノビ・ベルセルク×ダイナソーと、なんかビミョウな分けかた。フウマシップウジンナルト疾風伝みたいな語感ね。(劇場版の監督が亀垣一だから、ちょっと見たい。)

まあ、そんなイマイチパッとしない中、ついに手にできました!
学研・まんがでよくわかるシリーズ31
テレビゲームのひみつ!!!



「カレーのひみつ」や「下着のひみつ」同様に、こちらも非常に良くできた学習マンガになっております。

リレーのアンカーとして運動会を明後日に控えながら、不注意で自転車とぶつかり足を怪我し意気消沈の小学生・走太(流星のロックマンのファン)。そこにアメリカからおば一家がやって来る。いとこのアキラ(女の子)とゲームが大好きなアメリカ人のおじさんに東京ゲームショウに誘われ、学校の社会見学ではゲームメーカー(カプコン)を訪れ、アキラとともにゲーム作りに興味を持つ。

ゲーム会社でアルバイトをする大学生・星河要(走太にぶつかった自転車の運転者)は、そんな走太とアキラにゲームについて詳しく教えてくれ・・・というストーリー展開です。ゲームメーカー監修なだけあって、いきなりナントカの精やら魔女が出てくるのとは違い、色々とひねりがあって面白く読み進められます。



ゲームクリエーターの仕事、アタリのPONから始まるテレビゲームの歴史、レーティング、福祉医療分野で生かされるゲームと、読み応えも十分。他シリーズに比べて、格段に大学教授クラスの意見が多く載っており、この辺、ゲーム脳の森アレルギーっていうか、あてつけというか、「とにかくありゃ科学的根拠ゼロなんだ!」という怒りとともに権威には権威で対抗するという至極まっとうな手段が取られているようです。



できれば指の皮がむけるのも厭わず、コーラで飢えを凌ぎつつ18時間ぶっ通しでスーパーマリオをプレイし続けた輝かしい実績※注2をお持ちの養老孟司(北里大学教授、東京大学名誉教授)や、「ゲーム少年の夢」を著した冨田勝(慶應義塾大学先端生命科学研究所所長、環境情報学部教授)の意見も欲しかったところです。

お話のラストでは、互いにゲームクリエーターになることを走太と約束してアキラは帰国しますが、その飛行機を見送る中に・・・

そこから先は、ひ・み・つ※注3

大人に、保護者にこそ読んでもらいたい内容です。一般店頭販売しないかなあ。



※注1・・・オバサンが小学生の頃は毎年夏休みになると中京テレビが「夏休みニコニコマンガ大行進」ってタイトルで午前中2時間ぶっ通しで子供向き番組を放映していた。河童の三平大魔王シャザーン花のピュンピュン丸001/7親指トムキングコングといった今考えるとかなりB級レアなラインナップ。裏番組では海のトリトンをやってたな。夕方は夕方でゴジラ映画ガメラ映画を再放映してくれて、「また、これか~」と言いながらもついつい見ていた。(妖星ゴラスは冬休みに放映していた。)

子供がチビの時はがんばれゴエモンの再放送を見ていた。長期休み恒例の名探偵コナンの再放送もやらなくなったし、夕方のアニメも少ないし、テレビから子供向けの番組がどんどん減って、代わりに子供じみた作りのバラエティ番組とオタ向け深夜アニメばかりになっている。ツマンネ

※注2・・・エッセイ「涼しい脳味噌」(文春文庫刊)解説に詳しい。

※注3・・・ロックマンエグゼAXESS第22話「バブルマンの友達大作戦」の次回予告のロックマンの声で。
  


Posted by いたのり at 14:59Comments(0)