2007年09月26日

遥かなるどうぶつの森

夏の間、帰省していた子供とゲームソフトや保存データの整理をしました。本にCDにゲームソフトは、時折全部出して見直して今後も遊ぶかどうか、必要かどうか選別して減らさないと、限り無く増え続けて収拾がつかなくなってもう大変。

いずれ、どのジャンルでもベスト100とか、一定数を決めて残す予定。



GC版どうぶつの森」も久々に引っ張り出してみました。任天堂にカセットを送って、データ移行をしてもらって64からお引越ししたよね。(引越し後64版は中古店に売った。DSはやっていない。試遊したらゼルダスクロールじゃなくて気に入らなかった。)

拡大して見る

ロックマンの服、ブルースの服、ロールちゃんの服、メットールジェライム・・・みんな子供が作ってくれました。ニンドリにドット型紙が載ってて、ちまちま入力したんだっけ。「今ならもっとうまく作る!」と言っています。





スゲー久しぶりだったから、部屋に黒光りするニクイ奴がウジャウジャいるかと思ったら、あにはからんや一匹もいず。

「オメエ、61ヶ月もどうしてたんだ?」
と、名前も忘れたブタに驚かれましたが、そんなにほったらかしだったか!そりゃ、エサも無くてゴキブリも死に絶えるわ。

ポストには誕生日の度に住人から届いた手紙とプレゼントが溜まっていて、当の本人がすっかり忘れ果てたバーチャルの村で、住人達が動き、生活をしていたことが、ちょっぴり不気味に思えました。
今後も主役(オレ)抜きでお月見も、運動会もやっちゃうんですかそうですか・・・。

こういう終わりが無いって言うか、ボス敵を倒すような明確な目的が無いゲームは、最初は面白がっているもののだんだんと飽きてしまって、どうも自分には向いていないようです。マタ~リとは遊べるが、勝利と破壊のカタルシス※注が無いのがツマラナイ。 



NARTOの「あかつきのふく」は自信作だそうな

ゲーム中懸命に集めていたファミコンをやってみたけど、なんとも懐かしい、ホッとするつまらなさ。親子で書いた当時の恥ずかし~い日記や手紙もきっちり残っていて、慌ててあせって消しましたとさ。事故なんかで突然死んだりして、後日、例え家人でも残されたパソコンのHDDのデータを見られるのはイヤだが、こういうゲームも要注意だ。

リセットして終わろうかと思ったけど、また何年もプレイせずに放っておいて、リセットさんを待たせ続けるのも気の毒だからヤメときました。
ラケットさんだと更に哀れ)



※注・・・それを付け加えて成功したのが「モンスターハンター」。

かつて64ドリーム誌上だったか、「どう森」開発者が自分の娘に「こういう目的や終わりがきちんと無いゲームは好きでは無い。」と言われてパパちょっとガッカリ・・・というインタビュー記事が載っていた。
  


Posted by いたのり at 15:46Comments(0)

2007年09月15日

スバルが飲むコダマタウンのコーヒーは…

キリコが飲む、ウドのコーヒーは苦い。(声・銀河万丈

が、京都のコーヒー(普通のブレンド)は何故か酸っぱい。
焙煎が浅いのが好まれているのでしょうか?明らかに苦味より酸味が勝ってる。EXカフェも、イノダコーヒも、小川珈琲も、からふね屋も。チェーン店に入ったのがイカンかったか?



てなことを思い出しつつ、久しぶりにノンビリとコーヒーを啜りながらパソコンに向かっております。
学区の敬老会(今日終わった)の手伝いを始めとして、やらなくちゃならない雑事が重なりに重なって忙しかったですが、ようやくひと段落。

敬老会ですが、市役所から来た対象者名簿(8月現在)に照らし合わせて作った正式名簿では、1ヶ月もしないうちに何人か減っているという事態に、今年の夏の異常な暑さが実感させられました。あと、次世代ホビーやゲーム関連のイベントに行っては、「子供たくさんいるじゃん!どこが小子化?」と思っていたのですが、そうでもないことがよ~くわかった。百歳以上の方も何人かいらっしゃいましたし。

地元のよしみでいただいた、まだメジャーになる前の金さん銀さんサイン入り手形色紙が実家にありますが、もうちょっと長生きしてたらDSで遊べたのにね。脳トレ関連のCMにバンバン起用してもらえたと思う。残念。


ようやく自由になる時間ができたので、これまた実家に放りっぱなしのエスプレッソマシンを持ってきて、薫り高い珈琲をば…と思ったらネスプレッソのカートリッジがとっくに賞味期限が切れてやがる。これだから、アレコレ物珍しがって買うものの使いこなせずしまいっぱなしにする年寄り(自分の両親)はイヤなんじゃ。ネットで取り寄せるか、JR名古屋高島屋のショップに行かないと。あ~も~。

でも、せっかくだからこの秋はちょっとコーヒー道を学んでみようと思います。



「ロックマンエグゼ」では「ボクの魂までも熱くする…」な~んてこと言って、ダンディズムを組み込んだらそれこそ「このアロマが云々・・・」と更に薀蓄を垂れそうな勢いでしたが、「流星のロックマン」のアニメでもスバルがコーヒーをカップに注いでいました。小5でコーヒーかあ・・・背伸びしたいお年頃。でも、濃いのはダメ。ミルクをたっぷり入れなさい。

それともコーヒーはコーヒーでも、通販好きなママ(母子家庭でも暮らし向きは悪くなさそうですね。でも、なんかもうパパのことは忘れ去られているよう)が購入した「お子様でも安心!美味しい!ノンカフェイン有機栽培たんぽぽコーヒー」だったりして。ウチではズボラ母(オレ)が「便利だから」と、夏場はコーヒーポットに麦茶を作って入れていますが、星河家でそれはナイだろうと。

地球での生活に苦労しつつも豊かな感情と表情を見せるFM星人と、某缶コーヒーCMの宇宙人ジョーンズの姿を重ねて大笑いして見ています。
  


Posted by いたのり at 17:19Comments(5)