2009年07月26日

局地的ガンダム生誕30周年まつり開催中!4(CMオマケ集)

「せっかくジオニックフロントのカッコいいポスターを出したんだから、あの秀逸なCMが見たい!」ということになりました。





これも既に「懐かしCM」になっちゃっているなあ。

アニメオタク同士のみでウケていた名台詞を、一般人に浸透させた記念すべきガンゲーCM。






一番最初のPSゲームの特典ポスター。

拡大する

ここまで進化するとは・・・。

拡大する

これもあった。安彦画の「連ジ」の特典ポスターもあったはずだけれど、ちょっと見つからないや。

拡大する

以上、我が家の「ガンダム生誕30周年まつり」でした。

  


Posted by いたのり at 13:08Comments(0)

2009年07月25日

局地的ガンダム生誕30周年まつり開催中!3

メ~テレのイベントが3日連ちゃんなら、こっちも3回連続で行くぜ!

拡大する

極めてまともなDGA物件なり。
これも本宅に陳列してあるけれど、ガンダムゲームポスター中、最もカッコいい逸品中の逸品。

でも、せっかくだからこれも出しておく。

拡大する

ワンダースワン!


まだつづく!
  


Posted by いたのり at 16:05Comments(0)

2009年07月25日

局地的ガンダム生誕30周年まつり開催中!2

せっかくだから本宅での公開に先んじて、コロニー落とし並みに破壊力のあるDGA物件を出します。

拡大する
げ~っっとぉぉぉぉ!!!!(ダメ)アビリティイイイイイ!!!

更にせっかくだから、シリーズで出しておきますね。

拡大する

拡大する

拡大する

これもあるから出しますね。

拡大する

圧倒的じゃないか我が軍は!!!


つづく
  


Posted by いたのり at 15:59Comments(0)

2009年07月25日

局地的ガンダム生誕30周年まつり開催中!1

今週のハイライト!不発だった日食を払拭すべく、当地グラナダ※注1で盛り上がる「生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST 」ですが、パパはお仕事、自分と子供はGガンSDガンダム派なもんで極めて平常心です。ガクトよか浪花恭一が来場してくれればなあ・・・。

でもまあせっかくだから、ファーストガンダムで何か無いかと漁ったら、DGA物件でこんなんあった。


古(いにしえ)のダメゲットアビリティー・表

本宅レトロDGAコーナー陳列中のデンセンマン色紙や、以前ここに出したヤッターマンやオタスケマンのショーの色紙と一緒に、着ぐるみ、ヒーローショーのアルバイトをしていた友人に貰ったもの。ガンプラブームの頃の品か?

ガンダムショー※注2ってのが一体どんなものやら想像もつかないが、とにかく「何か」やって、この「色紙」を会場の良い子のみんなに配ったらしい。テキトーに合成したような表の絵柄もアレだが、裏がまたスゴイ!

拡大する
古(いにしえ)のダメゲットアビリティー・裏・人気キャラのサイン!?

なんかもうひと目見ただけで、全部同じ人が書いたサインやん!とバレバレで、企画会社のデザイナーか、はたまたサンライズの誰かが一生懸命考えて、字体を変えて作ったんだと思います。(色紙の隅に会社名と「企画独占」と記してあるのが涙ぐましい)



以前探した時に出てこなかったキャシャーン物件もあったから、ついでに晒そう。

こっちはこっちで「仮面ライダーV3」とのコラボイベントなのか、よくわからない組み合わせだが、センスのカケラも無い画面構成と、「ぶいすりー」のマヌケな振り仮名が、実に良いインチキ駄菓子風味をかもし出しています。

「コンテンツ」という言葉も無い頃の、「産業のあけぼの」って感じがします。ガンダムは「産業そのもの」になりました。



※注1・・・そのスジの方々は大阪方面を「公国」、東京方面を「地球」と称する。名古屋辺りは「月」らしい。

パパ「トヨタ自動車はアナハイム・エレクトロニクスか!?」

※注2・・・
アカハナ怪人「グワ~ッハッハッ!この会場は我がジオン軍が占拠した!」
おねーさん「大変!会場のみんな~!ガンダム・サインを回してガンダムを呼ぶのよ~!!!」
・・・多分こんなイベントだと思われ。


つづく
  


Posted by いたのり at 15:53Comments(0)

2009年07月15日

コロコロ発超ド級スクープ!復活!←やっぱこうでなくっちゃ

買ってきました~!コロコロ8月号!!!

ロックマンエグゼ オペレートシューティングスター
復活です!
DSでリメイクです!


今度の映画化はベッカムとショウちゃんかよ・・・

思い起こせば「バトルネットワーク ロックマンエグゼ」の発売された頃(2001年3月※注)は、マルチメディアが国策どうこうと騒がれていた時期で、パソコンやケータイ普及率もまだまだ。子供(豚児)は学校の部活(パソコン部)で98を使っていて、携帯端末(PET)ってのが今ひとつピンと来なかった。(そういう意味ではエグゼは「ちょっと早すぎたゲーム」と言える)

あれから現実が物凄い勢いで追いつき、ターゲットの子供層が自分用のケータイを持ち歩き、メールだネットだと大人以上に使いこなすようになっている。そんな今こそ、DSでリメイクするのは正しい選択だと思います。

「ネットナビがいないだけ」の状態で、ネットリテラシーの問題に、パソコンがウィルス感染だの、どこかの国からサイバーテロだのというニュースが報道され、世界観も荒唐無稽なSFではなく「現実世界の隣」としてすんなり入れる。


これが「きっかけ」ですって

コロコロ連載開始時、「熱斗と同じ5年生!」と浮かれていた豚児は早や成人。

「そういえば小さい時にアニメを見ていたなあ・・・」程度であろう今の子供たちに、エグゼがどう受け入れられるか、プレイも楽しみですが、その反響にも興味深々です。


以下、毎度おなじみくだらない予想や妄想。

1には「ロックマンを○○をお気に入りにした」というテキストがあったけど、リメイクではどうなるのかな?ブックマーク

子供「違う!RSSだ!」
「秋原町SNSとかあるんだぜ!」

やいと「良かったら光君とロックマンも招待してあげてよ」
・・・なの?

親子で一番要望するのは「同級生ザコキャラじゃない、ちゃんとアニメみたいな氷川君の顔キャラを作ってあげてね!」だったりします。ADDしてチップ15枚オープンは別にいいです。流星のロックマンのバトル形式だと、バンブーランスがどう表現されるものやら???(3のモモグランも)



※注・・・先にコロコロマンガやアニメを見ていて、後でゲームをプレイしてロックマンの秘密を知って、「ノーテンキな電脳ものだとばかり思っていた~!そんな悲しいことがあっただなんて!○斗兄さんゴメンナサイ!!!」と、ゲームソフトに泣いて謝ったバカ親子である。
  


Posted by いたのり at 01:11Comments(0)