2009年10月26日

DGAでOSS

我がDGA能力はァアアアア
日の本一ィイイイイイ!!!


(↑カプコン監修・小説版「戦国BASARA」の長曾我部仁王車隊の台詞が一部混じったらしい)


っちゅーワケで、ダメゲットアビリティーで早々と手に入れた「ロックマンエグゼオペレートシューティングスター」の販促ポスターを、主が留守をいいことに子供部屋に貼って発売カウントダウン中です。下宿の部屋は未だにジョジョ部屋だが、実家は一足先にロックマン祭りだゼ。ケケケ。

ポスター、カッコイイけれど流星が「果たして敵か?味方か!?どっちかつーと敵かしらん?」という感じで、これは・・・そう!エグゼ1のパッケージのグライドみたいな印象なんだわ。コロコロマンガ→アニメ→ゲームという順でプレイしたから、グライドさんは良いナビだってわかってたけど、なんか悪っぽい。


本宅のポスター年表をどうするかだ・・・

アニメ放映真っ盛りのエグゼ5、6のポスターには、何故か描かれていなかった熱斗くんが載っているのが「おっ!」でして、アニメは知っているであろう新たなユーザーとなる子達にはアピールすると思います。でも、ちょっと顔色悪くない?お腹が痛いとかじゃないよね?

アニメしか知らない子は、ゲームでは合体も変身もしなくてロックマンは本当は・・・というストーリーの違いにビックリするだろうな。根底には結構暗く重い設定※注があることを全然知らずに、気楽~に笑って遊んでいたかつての自分と子供みたいに・・・。(生活感と慣用句に溢れているのは共通だったが。)

コロコロにありがちな「ノーテンキで熱血な電脳バトルもの」だと思って、マンガやゲーム記事を読んでいた時から、気が付けばもう9年・・・こういうのを「光陰矢の如し」って言うんだよ熱斗くん。



※注・・・エグゼのゲームBGM(特にテーマ曲)が、どれも一抹の哀愁を帯びているのは、多分にそのせいだろうと親子で話している。哀愁って言っても「山は夕焼けでカラスがカア~」という雰囲気じゃなくて、「ビル街に冬空」風な都会的ムード。わかりにくいかな?
  


Posted by いたのり at 23:04Comments(2)

2009年10月07日

東京ゲームショウ2009(小ネタ集)

最後にゲームショウの小ネタです。


コロコロ今月号の「イナズマイレブン」の展開の速さには笑った

「レイトン教授」も劇場版アニメ化と、行け行けムードのレベル5ですが、スタジオジブリが初のゲームアニメーション部分を制作する「二ノ国」のプロモーション映像は、どことなく「ゲド戦記」っぽい印象でした。(色彩がそんな感じ)



会場の外で。


VT(バーチカルタンク)が変形!?


鉄騎」とな?
と思ったら「鉄」でした。パソゲーだそうで、「カプコンさんに了承を得ています!」と、傍にいたお兄ちゃんが胸を張って説明してくれました。
キャンギャルのお二人もイイねえ~!



だが今は↓↓↓コレがイイ!!
・・・のかな?ゲーム業界的には。


サイレントヒル・ホームカミング発売中止はラブプラスで許す@平野耕太(ゲーマガ11月号)



海浜幕張駅。
カプコンのクリエーター募集広告と、セガの「End of Eternity (エンド オブ エタニティ)」だらけでした。








水戸納豆とRPG

なんか「FF13」と「End of Eternity」と「LAST RANKER(ラストランカー)」が雰囲気的に混ざるというか、パッと見、区別がつかないというか・・・。「ラストランカー」はカプコン制作ですが、脚本がFFにキンハーの野島一成だから、「おかえり」のひと言がラストじゃないの?と失礼な予想を早々としています。


東京駅の京葉線乗り換え通路の柱のデジタルポスターも、カプコンでいっぱい。デジタルポスターって、何だかロックマンエグゼの世界っぽいです。


海浜幕張駅のと違い、デジタル表示だからカーソルが動く

京葉線ホームへのエスカレーター手すりにもカプコン!?と思いましたが違いました。


色が同じ


東京駅の新幹線改札口近くに貼ってあった「名古屋まつり(英傑行列)」のポスター。



土林誠風のかっこいい武将イラストを狙ったものの、色とタッチ以外は似ても似つかないものが出来上がったって感じです。これでOKとした名古屋市の広報担当の絵心の無さが伺われて、親子でショボーン。

(地元情報番組でも「三英傑はレキジョに人気が無い!」と嘆いていた。オッサンイメージをなんとかしなくちゃダメなんだってば。戦国BASARA3の家康にいよいよ期待します。)


宮城県知事選ポスターを見習え!と
  


Posted by いたのり at 23:35Comments(0)

2009年10月04日

東京ゲームショウ2009(その3)



時代(とき)は戦国!!!
今、武将がアツイ!!!


という印象が強かった東京ゲームショウ2009です。ゲーム科学博物館という名に関わらず、ブース内は鎧甲冑だらけというステキ展示を始め、あっちもこっちも戦国旋風。







子供は「戦国無双3」の試遊に90分並んでヘトヘト。(その間ずっと「ディシディアFF」のすれ違い通信をしていた。携帯機は便利。)




母は、いの一番に「大神伝」の整理券を手に入れて試遊。筆しらべのシステムはタッチペン操作のDSにピッタリですが、携帯機だと、あの「わんぱく王子の大蛇退治」風キャラの、壮大で麗しいグラフィックが、ちんまりとしてしまうのが残念。

(いや、それよりあんだけ苦労して取り戻したナカツクニの平和が、数ヶ月しか持たなかった件。だがそれを言ったらエグゼの世界なんか、熱斗が小学校5~6年生の間に少なくとも6回は地球規模での危機に見まわれて・・・ってことは3~4ヶ月に1回は戦いにあけくれるってことで、もし中学受験なんか控えていたら大変だ!)

大神伝~小さき太陽~公式サイト




「大神伝」のステージイベントが終わる頃、ふとカプコンブースの脇を見ると、「戦国BASARA3」の小林プロデューサーが!!!

誰も気づいていない風で、それとも有名人がいても、スルーするのが都会人のお約束?田舎モン親子がしばらく悩んだ上で子供が握手を求めたら、快く応じてくださいました。ありがとうございました。



徳川家康がBASARA3だとやたらとカッコイイ、鎧を脱ぎ刀を捨て、素手で、拳で熱く戦うサワヤカ青年になっていて、地元人として実に喜ばしく誇らしい限りです。どうも狸親父イメージで人気無いもんなあ。(せいぜいアニメの「少年徳川家康」だもん) 今までのBASARAシリーズでも、竹千代様は色モノ寄りって感じだったし・・・。

それが今回は主役に大抜擢!!!
ホンダム※注1もバッチリ出る!BASARA3のステージ発表でも小林氏自身、家康にかなり深い思いを込めて制作されているようで、もう、ここは岡崎市を挙げて応援しろよ!レキジョ向け特産品作れよ!と、市役所に直訴したくなりました。

戦国BASARA3公式サイト




そんなワケで、ゲームショウを恙無く見終わったバカ親子。会場を後にする台詞は、モチのロン!

三河へ帰るぞ!忠勝!※注2

でした。


次回、ゲームショウ小ネタにつづく



※注・・・徳川四天王合体は無理として、ホンダムのCAS(チェンジングアーマーシステム)の各名称を「井伊」「榊原」「酒井」にすればOK!とあいなった。「ZOIDS新世紀Ø(スラッシュゼロ)」方式ですね。母艦「ホバー籠(笑)」でパーツ換装だ!でも、もしかすると「バトルヒーローズ」の忠勝ファンネル(ビット?)が既にこの名だったりして。

小林プロデューサーさん、一家でこんなことばっかり考えててゴメンナサイ。

※注2・・・三河弁だと「三河へ帰ろまいや~、忠勝」となる。
  


Posted by いたのり at 18:31Comments(0)

2009年10月01日

東京ゲームショウ2009(その2)

さて、今回最大の見どころ、「ロックマンエグゼOSS」の詳細発表です。


ロックマンエグゼオペレートシューティングスター公式サイト


ステージ、映像の撮影は厳禁(撮影タイムは除く)

ホリケンさん、「さんはいらない!」の江口名人、流星大会でおなじみのハマジマ研究員の3人が、OSS制作への思いを熱く語ってくださいました。

戦闘システムが流星3Dになって「バトルオペレーション!ライド・オン!」になるのか危惧していましたが、従来の9マスバトルでした。音声有り(新録音)、マップ有りで、基本は5DSと変わり無いでしょうか。

カスタム画面にADDはありましたが、ココロウインドウは無かったから、ピンチのロックマンを応援するのは無しね。アレ、家族が寝静まってからや、医者の待合室でプレイするのに不都合だったから。更に困ることに「行っけ~!ライガーっ!」や「ゴー!シュート!」でも反応しちゃうんだよ。

流星のロックマンとのクロスオーバーバトルでは、ウォーロックアタックにちょっと手を焼きそうだけれど、ソードで自エリアに斬り込んでくるのは、ブルースと戦う感じに近いのかな?名人フォルダにはラットンが入っていました。あ~、これ苦手だ~。



ステージには、W着ぐるみも登場!

着ぐるみ流星の左手が、ウォーロック付きのから3のそれにちゃんと変わっています。いやまあ、「細かいことは気にすんな!」って、3の冒頭でウォーロックが言ってるけどさ・・・。


こまけぇこたぁいいんだよ!!(イトケンボイスで)

撮影タイムには、公式イラストの通りにポージングをしてくれましたが、「細かいことは気にすんな」って思えば思うほど、お二人さんの「もっこり」に目が行くバカ親子・・・ごめん・・・。


まりもっこり

更に細かく、名人のTシャツの数字がどうなっているか気になっていましたが、デカオTシャツでした。あのバックルが70年代ファッションぽいベルトが無いそうで、自分が昔いた会社では、販促イベント用品は倉庫にゴチャゴチャに入れてあって、管理がテキトーだったことをふと思い出しちゃった。

ゲームは今後も細かい調整を続けるそうです。1では世知辛い笑える台詞を言うプログラムくんがあんまりいなかったから、その辺の改変を大いに期待したいです。(相変わらずロックマンエグゼというゲームに求めるものが違っている気がするが。) 初めてプレイする人には楽しく、リバイバル組には懐かしくもあり、同時に新しさを楽しめるものにしてください。


こういう光景が見られる日が来るとは・・・ウル・・・

キッズブースと違って、集まったのが(発売当時小5で今やハタチの豚児を含めて)大きなお友達ばかりだったのが、制作サイドにとっては残念そうでしたが、6人対戦の「ロックマン スターコロシアム(略称ロクコロ)」は、年少者でも楽しく遊べそう。

でもこれ、絶対に名称は「ロクロクロックーーーン」の方がノリが良いと思うんだけどなあ。

それとも「ロックマンロックマン」が既にあるから、25周年記念に「DISSIDIA FINAL FANTASY (デシディア ファイナルファンタジー) 」みたいな全シリーズのロックマンが登場するゲームを作って、その正式タイトル用に温存しているのかしらん?


そして25周年イベントで、全員でやルンダ!

さあ、皆さん御唱和ください!

ロクロクロックーーーン!

ロクロックーーン!



次回、戦国ゲーム編につづく
  


Posted by いたのり at 20:22Comments(2)